NEXT PARTY
2011.10.28 FRIDAY
OPEN/START 19:00 - ALL NIGHT | adv.2300yen(1D) / door.2800yen(1D)
大DISSECTED
nego / AUDIO BOXING (from 名古屋) / MAKKENZ
gasbag+坪口昌恭 / SARATOGA / チムニィ
THROPUS / 珠洲 / XLII / DACOTA SPEAKER.
YAYA / 2-SHY / Kuni Lopez / DJ YUMIKO / 73
DJ ENDLESS / DJ KAZMA / rokapenis
onnacodomo / mitchel

総勢21組のアーティストが出演する大狂乱の夜!

shibuya PLUG Anniversary企画として今年も「大DISSECTED」が開催。 3組のVJによる音楽と映像のコラボレーションも見所となる今回は、あらゆるジャンルを超え狂気の夜になること間違いなし!

ハロウィーン直前につき仮装で来場のお客様ドリンク代のみで入場可能!
TIME TABLE
  MAIN STAGE SUB STAGE VJ
19:00

 

DJ Kuni Lopez  
19:30    
20:00

gasbag+坪口昌恭

  mitchel
20:30   DJ YUMIKO

onnacodomo

21:00

AUDIO BOXING

 
21:30   珠洲

rokapenis

22:00

DACOTA SPEAKER.

 
22:30  

DJ 73

onnacodomo
23:00

nego

23:45   XLII

rokapenis

0:15

MAKKENZ

 
0:45  

DJ kazma

onnacodomo
1:15

SARATOGA

  mitchel
1:45  

DJ ENDLESS

rokapenis
2:15

チムニィ

  onnacodomo
2:45   2-SHY rokapenis
3:15

YAYA

  mitchel
3:45   VDJ mitchel
4:15

THROPUS

  onnacodomo
4:45   DJ Kuni Lopez  
05:00 close
LIVE
  • nego

    2008年より活動を開始。向山聡孝(Guitar/Violin/Dub effects)、宮城太一(Drum)、中島一城(Bass)、野崎巌(Guitar)、mitchel(VJ)の5人編成。ダブ~即興・ジャムまで、様々なシーンを吸収した音、そしてmitchelによる映像とのリンクから生まれる「破壊と創造の無限ループ」は観る者を圧倒する。
    2010年2月に《ROVO》の岡部洋一、《DRY&HEAVY》のAo Inoue、《ex.PHAT》の藤原大輔など世代を代表するアーティストをフューチャーした1st Album『DUB PHALANX』を発表。レコーディング&ミックスにGOK SOUNDの近藤祥昭。ジャケットデザインはazusa(nandii)が担当。
    現在は渋谷PLUGで開催のイベント『DISSECTED』を主催。
  • AUDIO BOXING

    アブストラクト・ヒップホップ・トリオ「SU:」のメンバー、 Su+3のソロユニット
    ダブステップ、エレクトロニカ、ヒップホップ等を新たな解釈をし再現した、フューチャー・ダンスミュージック。
    ライブでは、サポートメンバーにツインドラムを迎えたバンド・セットでの活動も行っている。
  • MAKKENZ

    2004年、尋常ではない言葉の羅列や異常な世界を巧みに描写したデビューアルバム『わたしは起爆装置なわたしか』をP-VINE RECORDSからリリース。JAPANESE RAPリスナーにとてつもない衝撃を与え話題となった。
    2007年、危険な世界観をさらに深化させたセカンドアルバム『白くなる時刻』を同レーベルからリリース。自ら制作した独創的な楽曲に文学的なリリックが乗る傑作で、海外ツアーや海外国営ラジオ番組に出演するなど、国境を越えて注目を集めた。
    2008年、全くのオリジナルスタイルを更に進化させ、TRUMANRECORDSからサードアルバム『ユシトアミア人間』をリリース。
    2009年、フォースアルバム『陸の外海の外』をリリース。
    2010年、トラックメイカー珠洲(SUZU)との共作に依るフィフスアルバム『EntryProbe』をリリース。
    時代性・社会性・文学性・諧謔性に富んだ作品は多ジャンルのリスナーから大きな支持を受けている。
  • gasbag

    1999年活動を開始。2002年解散。
    2009年より[Gt.向山聡孝,Ba.平井貴人,Dr.軽部佳秀]の編成で活動を再開。
    最近では坪口昌恭(DCPRG)とのコラボレーションライブにも力を入れている。
    2011年ダモ鈴木氏のツアーに参加。
  • 坪口昌恭

    1964年福井県生まれ、大阪育ち。
    ジャズとエレクトロニクス、牧歌性と都会性、アバンギャルドとオーソドックスといった相反する要素を兼ね備え、希有のバランス感覚を持ち味とするピアニスト/キーボーディスト。
    尚美学園大学/同大学院准教授。
    『東京ザヴィヌルバッハ』『坪口昌恭Quartet』主宰、『DCPRG』『菊地成孔DubSextet』でも活躍中。
  • SARATOGA

    ディジュリドゥ、ドラム、シンセサイザーによるダンスミュージックバンド。
    音源を有する民族、或いは土地や国が存在し様々なアーティストによって再発見/獲得/消化されながら技術の進歩と共に新しい作品が生み出され同時に細分化され続けています。
    SARATOGAの音楽を「人力トライバルトランスジャムバンド」と称し細分化されたジャンルの枠に組み込む作業を敢えて放棄して表現するならば「全ての都市音楽、民族音楽へのオマージュ」である。
    WILD MARMALADEとの共演に続き、福島県獏原人村で行われた「満月祭」、兵庫県三田市で行われた野外フェス「ONE MUSIC CAMP 2011」に出演。
    2011年12月4日に行われる日本最大のディジュリドゥの祭典「TOKYO DIDJ FESTA 2011」参加決定!
    プロジェクトFUKUSHIMA!との連動イベント「風と音」を主催。
  • チムニィ

    中村剛也のホームランのようなサウンドが放物線を描きながら宇宙に突き刺さり、君を、なぜこの曲がオリコンチャートを賑わせてないのかとの疑心暗鬼のブラックホールの中に包み込む。
    西東京からやってきた遅れてきた青年は本塁打の直前に成功したあの盗塁が無意味ではなかった事をステージ上で証明する。
  • THROPUS (トロプス)

    2010年結成。ex.hunchback、ex.旅団、ex.drumkan、現在はFROITO、weketで活動中のメンバーから構成されるNEW WAVE/EXPERIMENTAL/PROGRESSIVEバンド。
    構想6年を経て始動した破壊的イノベーションサウンドが、今、ここに開き直る。
  • 珠洲

    攻撃的なノイズからアンビエントに至るまで、空間を己の色で塗り上げるトラックメイカー。
    2001年、mitchel(Webデザイナー)とのVERTIGO RECORD設立を皮切りに、03年にはeskmとレーベル[opium.rec]を設立。同レーベルからコンピレーションCD[ver3.01]をリリースしタワーレコード、HMVなどで全国発売。
    05年、初のソロ作となる7inchアナログ[flower]をリリース、翌年ソロ2作目となる10inchアナログ[Mrs.9]をリリースするなど、精力的な活動を続ける。
    そして同06年に向山聡孝と[BazillusKF-バチルス解放区]を結成し、07年に[BazillusKF-バチルス解放区]としてファーストアルバムをリリース。08年現在もトラックメイカーとして音源製作やリミックス、ライブ、DJなど様々な活動を行っている。
  • XLII

    ウクライナ生まれ、UK育ち。26歳という若さにして、MCのキャリアは既に15年。
    13歳でUKにてオリジナル・トラックの制作を始める。
    印象的なメロディーラインとタイトなビートのコンビネーションが反響を呼び、その後フィーチャーされたミックステープがヒップホップ系ラジオ局でも紹介されるように。
    その後はbroken hazeのアルバムへ参加、MCとしてそのスキルを見せつけたraid system epはCISCO Chartで1位を記録し、一躍Undergroundで脚光を浴びる。
    2008年にはプロダクションからMCまで多彩な才能をおしみなく発揮した”TIME SLIP EP”が満を持して発表。
    その他にもヨーロッパで好評を博した人気D&BデュオPentagon&Ethixとの共同制作EP”White Label”など、MC/プロデューサー/エンジニアとして数多くの作品に参加している。
    そしてレーベルraid systemのメンバーとなり、ヨーロッパ・日本を拠点に活動を続けている。
  • DACOTA SPEAKER.

    2008年1月結成の3人組。2009年~2010年の2年 間で完全どインディーながら自力で実に130本超のライヴを行い鍛錬を積む。ヘヴィーベース、タイトで鋭利なビート、鋭角なギター、カオシレー ターのサウンド、羅列する言葉の数々がラップ・唄・叫びとなり表情を変えて聴く者の心に絡み付く言葉達。この3人から生み出される実験的で色とりどりの楽曲とライヴ時のメンバーによるリアルタイム人力 DUB処理が話題となり、場所やジャンル関係無しに今日もどこかのフロアを揺らしている。この夏は盟友KEYTALKと共同主催している「the床で ライヴ」を東名阪で開催し各地で大反響を巻き起こす。勢いは止まらない!
  • YAYA

    2011年、前身となるアフロビートバンドのメンバーを核に結成。Darbuka:五十嵐健司、Drums:軽部佳秀(gasbag、サンガツ)、Bass:川原淳(analog set)、Sax:高井汐人(DCPRG)、Guitar:塚原怜(analog set、ex.メカネロ)、Percussion:土生裕(松崎ナオ)、Flute:吉田一夫(Qui)の7人組(五十音順)。
    アフロビートリズムにポップネス・ユーモア・フォークロアを織り交ぜた音楽性を志向し、活動中。
  • 2-SHY

    GROUP SEX主宰。イチかバチか活動中。
DJ
  • Kuni Lopez 7Hz

    DJ。ゆるめのハウスを軸に、様々なジャンルを自由に横断するスタイルが好評を得ている。 negoと渋谷PLUGの共同企画、「DISSECTED」でレギュラーを務めるかたわら、自身で手がけるラウンジパーティ「7Hz」も奇数月・第三金曜日に渋谷Lazy Workers Barで開催。「CAMPS」や「Kodomo Music & Art Festival」「SOCiAL FUNK!」など、多数出演。
  • DJ YUMIKO

    HIP-HOP / D'n'B / Abstract 等 あらゆる音楽を好み、2000年より、DJ Aoyama DJ MuraiとともにRhythm Cruiseをスタート。
    丁寧なミックスの中に、瑞々しい感性が光る骨太なグルーブが持ち味。
    その愛くるしい容姿と、ディープかつドープなサウンドの生み出すギャップの魅力に多くの支持を集めている。
  • dj73(Soul Kitchen)

    95年よりDJ活動開始。
    「雑食」「酔」など 自身オーガナイズによるレギュラーパーティーを開催するほか、同時に 数々のバンドライブイベントなどにも出演し活躍。
    ジャンルレスな幅広く愛情あるプレイでバンド・DJ・音楽好きから支持される。
    現在 池袋knotでの隔月イベント「Soul Kitchen」にて毎回 自由奔放に活動中。
  • DJ ENDLESS

    2008年頃より都内を中心にDJ活動を開始。
    Goth-Tradの主宰するdubstep party "Back To Chill"でのレギュラー出演をはじめ、様々なdubstep/bass music partyに出演。
    2008年にはKokoro(Glasgow)とCrashと共にdubstep production "Neo Tokyo Bass"を結成し、様々なスタイルのオリジナルダブを追求している。
  • Kazma Fruuchi

    1978年11月29日青森県青森市に生まれ。
    東京を拠点に活動するDJ/プロデューサー。
    ドラマーである父の影響で13歳でドラムを始め、3歳でピアノを習い始めクラシック音楽を始めとして、幼少期からロック・メタル・JAZZ・フュージョン・民族音楽など、様々なサウンドに強く影響をうける。
    2004年からDJに転向。
    テクノ/ハウスの中でも、ディープかつメランコリックかつトライバルグルーヴィなサウンドを得意とする。
    怪しげなベースライン、心地いいキック、揺さぶるリフ、気持ちよく広がる空間系エフェクト、トライバルテイスト、それでいてアトモスフェリックでしっかりメロディがあるというDJスタイル。
    現在は、様々なパーティでのプレイや、PhonikaのサポートDJとして活躍中。
    2011年5月にプログレパーティ"Musica Progresiva"を開始。
VJ
  • rokapenis

    VJ・映像作家
    東京・大阪のアンダーグランドシーンを支える数々の重要イベントでVJを担当。
    ロックバンドから前衛音楽家まで幅広いジャンルのミュージシャンとのセッションやコラボレーション、PV製作なども大量にこなし支持を得ている。
    映像作家としてDance Company BABY-Qに初期より参加。数々の海外公演にも参加している。
    また、2009年より映像作家によるパフォーマンス・ショーケスV.I.I.M project を主催している。2010年からは実験的ユーストリーム番組V.I.I.Mstreamも始めている。
  • onnacodomo

    ミュージシャンのDJ Codomo,アニメーション作家のせきやすこ、イラストレーターの野口路加の3人による異色のVJユニット。コンピューターグラフィックスや、録画素材 をいっさい使用せず、ビデオカメラの下で、水、キッチン用品、文房具、おもちゃ、印刷物など、日常にある様々なものを用い、リアルタイムに色鮮やかな映像 をつくり出すライブパフォーマンスを展開中。Buffalo Daughter、レイ ハラカミ、Mani Neumeier、Au Revoir Simone等、多数のアーティストと共演し、スペースシャワーTV「DAX」のオープニングなども担当している。
  • mitchel from nego、kurozampa

    nego所属VJ。2008年にバンドライブステージでのVJをメインとして活動を開始。共演するミュージシャンとコラボレーションしながら、素材を作り込むスタイル。今までの共演者は、旅団、L.E.D、wooderd chiarie、FROITO、broken haze、sgt.、Indus&Rocks、あらかじめ決められた恋人たちへ等。 自然や本来あるべきものに手を加え、アナログな印象を与えることで、独特な異空間を表現しながらも、見る側の感情へ訴えかける映像を作り出す。2011年より”VDJ”としてダンスミュージックを中心に独自のセンスで音と映像の完全融合を試みている。 
    また2006年、旅団「Iyaoi Rythum」の撮影およびPV制作を皮切りに、RUMI、環ROY×Fragment、sgt.、BazillusKF、MAKKENZ、SKYFISH feat.鎮座DOPENESS、Clean Of Coreなどのミュージックビデオを制作。
    そしてWEB DIRECTORとしては、七尾旅人氏と共同で「DIY STARS」の開発やPOPGROUP RECORDINGS、KAIKOO POPWAVE FESTIVAL、U-zhaan.com、rei-harakami.comなどのサイト制作運営を行っている。 映像からWEBまで多岐に渡り活動中。
and YOU!!